心エコー検査とは?

心エコー検査は正確には心臓超音波検査といい、心臓の内部を超音波で見る検査です。

心エコー検査は、胸にプローベという器具を当てるだけの簡単な検査で、痛くもかゆくもありません。

心臓は動いている臓器ですが、心エコー検査で心臓の動きを見ることができ、心臓の働きが(心機能)が正常であるかどうかがわかります。
また、心臓弁膜症、生まれつきの心臓の病気、心臓に水が溜まった状態(心嚢液貯留)などの診断に有効です。
さらに、心筋梗塞の既往があるかどうかも専門医が見ればすぐにわかります。

循環器の医者にとって、心エコー検査は心電図とともに、心臓の病気を見つけるためのとても重要な検査です。

2019年06月14日