ブログ一覧

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群をご存知ですか?

睡眠時無呼吸症候群はその名の通り、夜間寝ている時に時々呼吸が止まる病気です。

本人には無呼吸の自覚はないことが多く、家族から寝ているときに息をしていないと言われて気がつくこともあります。寝ている間にいびきをかくことも特徴です。

十分睡眠がとれないことによって、日中眠気が強く、頭がすっきりしない感じがしたり、熟眠できないことで交感神経の緊張が持続して、高血圧、心筋梗塞、脳卒中などの病気を起こしやすくなります。

睡眠時無呼吸症候群は、自宅で簡単な機械を取り付けて行う検査(PSG)で簡単に診断ができます。

当院でも検査が可能ですので、気になる方はご相談を。

2018年07月31日

専門医ってご存知ですか?

実はお医者さんが標榜する診療科目は自己申告制です。
したがって、専門的な勉強をしていなくても医師免許を持った医師であれば、好きな診療科を名乗ることが可能です。

でも、それでは患者さんが医者を選ぶときに困りますよね。
そこで、最近は専門医や認定医を掲げている先生が多くなっています。

専門医や認定はそれぞれの学会が認定する資格ですが、所得するには試験を受けて合格しなければならず、また、一度資格を得ても定期的に学会に参加して更新する必要があります。

専門医でなければだめというわけではありませんが、専門分野の学会に入って資格を取っている先生は、知識や経験の豊富な先生と考えてもよいと思います。

2018年06月22日

息切れ、息上がりについて

じっとしている時には症状がないのに、階段を上ったり、少し速く歩くと息が上がるようなことはありませんか?

歳のせいだと思っている人もいるかもしれませんが、同世代の人よりも息切れがひどければそれは病気かもしれません。

息切れ、息上がりの原因は、心臓と肺の病気が多いのですが、心臓の病気には心不全や弁膜症などがあり、心臓の超音波検査を行えばすぐに診断がつきます。

肺の病気には、肺気腫や間質性肺炎などがありますが、これも胸のレントゲンや肺機能検査でわかります。

息切れがひどくて、他のクリニックで検査しても心臓にも肺にも異常がないと言われていた患者さんが、実は貧血が原因だったということも時々あります。

まずは専門医受診を。

2018年06月21日

糖尿病の新しい薬

糖尿病は血液中のグルコース(血糖)が上昇する病気です。
血糖が高い状態を放置すると、眼底出血を起こしたり(糖尿病性網膜症)、腎不全になって透析が必要になる(糖尿病性腎症)などの重篤な合併症が起こります。さらに、心筋梗塞や認知症などの原因にもなります。

最近糖尿病の治療薬の中でもSGLT-2阻害薬と呼ばれる新しい薬が注目されています。
この薬は腎臓からグルコースを排出することによって血糖を下げますが、同時に、体重を減らしたり、尿を増やすことで心不全を改善させたり、さらに腎臓の働きを改善させるなどのすぐれた効果があります。

一方で、尿路感染症や脱水を起こしやすいなどの注意が必要ですので、糖尿病や循環器が専門の医師の判断で治療を受けることが望ましいと思われます。

2018年05月22日

それって、本当に風邪?

最近はインフルエンザだけでなく、風邪も大流行りです。

風邪といえば、咳、痰、鼻水、喉の痛みなどの症状が主ですね。
実はこれらの症状はウイルスを排除するための体の防御反応なのです。
だから、体からウイルスが駆除されれば症状も自然と治まります。

でも、いつまでたっても咳や、鼻水、喉の痛みが続くときは生体の過敏反応(アレルギー)が原因かもしれません。

もちろん、気管支炎、マイコプラズマ、副鼻腔炎などの別の病気の可能性も考えないといけないのですが、色々な病院で色々な薬を飲んでもなかなか良くならなかった患者さんが、アレルギーの治療を行ったとたんピタッと症状がなくなることも少なくありません。

喉の痛みの原因がアレルギーだった?? 本当ですよ。

2017年12月28日

痛くないインフルエンザ予防接種

今年はインフルエンザのワクチンが不足していたため予防接種ができない状況が続いてました。
ようやく最近になってワクチン不足が解消されましたが、すでにインフルエンザの流行が始まっており、予防接種ができなかった人が多いため流行も危惧されます。

ところで、インフルエンザの予防接種は結構痛いものですね。
でも、実は痛くない予防接種のやり方があるのです。

ワクチンは0.5ccと量が少ないため、多くの医療機関では、一瞬にして注射を終えてしまいがちです。
実はインフルエンザの予防接種の痛みは、針を刺す時ではなく、ワクチンが入る時に痛いのです。そこで、ワクチンをゆっくりと入れていくと意外と痛くないのです。

当院でインフルエンザの予防接種を受けた患者さんは、こんなに痛くないインフルエンザの予防接種は初めてですと、ほとんどの人が驚いています。

2017年12月26日

一病息災

一病息災ってよく聞く言葉ですよね。
これは「病気もなく健康な人よりも、一つぐらい持病があるほうが 健康に気を配り、かえって長生きするということ」です。

似たような言葉に、無病息災がありますが、これは「病気をすることなく、健康で元気に暮らすこと」です。誰でも病気にかからずに元気で暮らしたいのは当然ですが、歳をとっても病気をせずに「無病息災」で過ごすことはとても難しいことです。

病気の初期には軽微な自覚症状や体調の変化が現れますが、健康な人ほどそれを軽視しやすくなります。
実は、自覚症状や体調の変化は自分の身体が発する危険信号なのです。
これらの身体から発する危険信号を放置せず、気軽に相談できる掛かりつけの医師を持っていることが、実は長生きするための条件と言えます。

2017年10月16日

高血圧の治療薬(降圧薬)について

血圧が高いと色々な困ったことが起こります。一番の問題は出血です。脳出血や眼底出血などはひとたび起こると大きな後遺症を残しますので、自覚症状がなくてもある程度以上の血圧が高い場合は高血圧の治療が必要です。実際、降圧薬の普及で昔は日本人の死因の第一位だった脳出血が激減しました。それ以外にも高血圧は心筋梗塞や脳梗塞の大きな原因となります。

血圧の治療といえば降圧薬の内服ですが、実は降圧薬には多くの種類があります。

日本高血圧学会のガイドラインには患者さんに応じた降圧薬の選択の仕方が明記されていますが、実際、患者さんによって合う薬と合わない薬があります。自分に合った薬だとごく少量でも血圧が安定しますが、合ってない薬だとなかなか血圧が下がらずに、場合によってはどんどん薬の数が増え、不要な薬を飲むことによる副作用の心配も出てきます。

患者さんにあった薬を選択することで不必要な薬を減らすことができます。
ここはまさに循環器専門医の腕の見せ所です。

 

2017年08月21日

循環器疾患とは?

心臓や血管の病気のことを「循環器疾患」と呼びます。これは血液を体中に「循環」させる臓器の病気という意味です。

当院では、様々な検査機器を備えていますが、心臓の病気が疑われた場合はどんな検査をするとお思いですか?

まず行う検査は「心電図」です。心電図はとても簡単な検査ですが、不整脈、心筋梗塞、狭心症、心肥大など多くの病気の診断に役に立ちます。

次に行う検査は「胸部レントゲン」です。胸のレントゲンを撮ることで心臓の大きさや、心不全があるかどうかがわかります。

その次は「心臓超音波検査」です。心臓超音波検査は別名を「心エコー」と言いますが、外からはわからない心臓の動きを詳細に見ることができ、心不全、弁膜症、心筋梗塞、生まれつきの心臓病など様々な病気を診断することができます。

心臓の病気の検査は、これ以外にもホルター心電図、運動負荷心電図、脈波、頸部血管エコーなど多くの検査を当院で行うことができますので、ほとんどの循環器疾患の診断を行うことが可能です。

2017年06月19日

漢方薬による治療

病気の多くは何らかの原因があって、その結果として体調の変化(症状)が現れます。

西洋医学では主に原因に対する治療を行うのですが、病気の原因がなくなってもなかなか体調が回復しない患者さんもいます。
漢方薬はこのような体調の変化を回復させる働きがあるようです。
また、病気によっては体の治癒力で治るものもあり、漢方薬はその手助けをしてくれます。

漢方薬治療を受けるうえで最も大切なことは、漢方薬のことをよく知った先生から、自分に合った(証が合うといいます)漢方薬を選んでもらうことです。

2017年06月08日

掛かりつけ医と専門医

これまで大病院でカテーテル治療などの最先端の専門的な医療を行ってきました。
小さなクリニックではもはやその様な高度医療はできないのですが、大病院で勤務していて良かったと思うことは、専門外の病気についても最新の医療がどのようなものかを知ることができたことだと思います。

掛かりつけ医になって多くの患者さんを診ていると本当に色々な病気が見つかります。

でも患者さんは自分の病気を自分で診断して最初から専門医に診てもらうことはできませんよね。

掛かりつけ医の使命はできるだけ病気を早く見つけてあげて、最善の治療に導いてあげることだと思います。

病気になるかどうかの半分はその人の運だと思います。でもその病気を乗り越えられるかどうかは患者さんを診ているお医者さんの責任だと思います。

2017年05月30日

誕生会

病院平面

開院して初めての誕生日をスタッフ一同から祝ってもらいました。感謝、感謝です。

 

病院平面

 

スタッフの希望で、恥ずかしながらケーキも載せます。

2017年05月18日

LDLコレステロールが高いと言われたら

脂質異常症の話の続きです。

最近の健診では悪玉(LDLコレステロール)を直接測定することが多く、LDLコレステロールの値が高いときは病院受診(二次検査)を勧められます。LDLコレステロールの正常値は140以下ですが、健診では120以上で2次検査を勧められることもあります。

ではLDLコレステロールが高くて病院受診をしたらどんな検査を行うのでしょうか?

採血してコレステロールが本当に高いかどうかを確認することは必要ですが、専門医ではまずコレステロールが上昇する病気が隠れていないかを調べます。甲状腺機能低下症やネフローゼ症候群(尿に蛋白が多量に出ている病気)などではコレステロールが上昇することが多く、このような病気の治療を行うことでコレステロールの値は正常に戻ることがあります。

隠れた病気がなく、本当にLDLコレステロール値が高ければ、治療を行う必要があるかどうかを判断します。これには年齢、性別や、糖尿病、高血圧などの他の生活習慣病があるかどうか、狭心症や心筋梗塞、脳梗塞などの動脈硬化による病気があるかどうかで大きく変わってきます(動脈硬化学会治療ガイドライン)。

脂質異常症の治療は単にLDLコレステロールの値によって画一的に行うのではありません。患者さんによって、治療を行うかどうか、治療目標値なども大きく違ってきます。

2017年04月14日

脂質異常症て何?

脂質異常症という病名を聞いたことがあるかも知れませんが、どんな病気かご存知ですか?

脂質異常症は以前は高脂血症と呼ばれていました。これはその名の通り、血液中の脂質の値が高い状態を示しており、この方がイメージとしてはわかりやすいと思います。

食物から取り込まれた脂肪や肝臓で作られた脂肪は血清脂質という形で血液の中を流れています。血液の中の脂質の主なものは、コレステロールと中性脂肪です。

コレステロールが高い状態を「高コレステロール血症」、中性脂肪が高い状態を「高中性脂肪血症」、両者を合わせて「高脂血症」と呼びます。いずれも動脈硬化を引き起こすため、心筋梗塞ゃ脳梗塞などの病気の原因と考えられていました。

ではなぜ高脂血症から脂質異常症に名前が変わったのでしょうか?

実は、コレステロールには、善玉(HDLコレステロール)と悪玉(LDLコレステロール)の2種類があり、善玉コレステロールが低いほど動脈硬化を起こしやすいことがわかったからです。

すなわち、「高LDLコレステロール血症」「高中性脂肪血症」と同じく「低HDLコレステロール血症」も悪いことがわかったため、コレステロールが高い状態(高コレステロール血症や高脂血症)が一概に悪いとは言えになくなったのです。

そこで、苦し紛れではないのですが、脂質異常症という大雑把な名前になってしまったわけです。

脂質異常症については基準値があり、治療が必要な状態や治療目標については、ほかの病気を持っているかどうかなどによって数値が決まっていますが、少し話が長くなるため、続きは次回にいたします。

2017年04月10日

糖尿病治療のトレンド

糖尿病の治療の指標としてHbA1c(ヘモグロビンA1c)値を目安にすることが一般的です。

HbA1cは平均血糖値と相関しますので、HbA1cの値が低いほど血糖のコントロールが良好であることを意味しています。最新のガイドラインでは、治療を行っている糖尿病患者のHbA1cの目標値は7.0以下とされていますが、食事・運動療法を行ってもHbA1cが高い場合は薬物療法(経口血糖降下薬やインスリン注射など)を行うことになります。

以前はHbA1cの値をできるだけ下げた方がよいと考えられ、強化療法と呼ばれる薬物療法を行っていた時期もありますが、その結果重症の低血糖が起こることが多くなり、逆に死亡率が増えることが分かりました。

糖尿病の治療は血糖とHbA1cを下げることが最も大切ですが、低血糖を起こさないこともそれと同じくらい重要です。

最近の薬は低血糖が起こりにくくなっていますが、種類も多く、患者さんにひとりひとりにあった薬を選ぶことが大切です。

2017年03月31日

心臓は異常ないのだけど…

動悸、息切れなどの心臓の不調を訴えて受診する患者さんも少なくありません。

検査によって不整脈、心不全、狭心症などの心臓の病気が見つかり治療によって症状がなくなればよいのですが、中には症状があっても心臓に全く異常がない患者さんもいます。

大病院で検査を受けると、担当の先生も忙しいので「心臓は異常ありません、大丈夫です、心配いりません」と説明を受けて終わることがほとんどです。

医師から説明を受けることで安心して症状がなくなる人は良いのですが、中には「そういわれてもまだ症状があるのに…」と思って納得されない患者さんも少なくなく、場合によっては色々な病院を転々と受診しては同じような検査を受け「やはり異常ありませんね」と言われ続けることがあります。

心臓に異常がなくても症状がある場合には「心臓神経症」と呼ばれる心因性のことがあります。また女性では更年期の前後で心臓の病気を疑わせる様々な症状が起こりやすくなります。これらの場合では、自律神経に作用する薬や漢方薬などが有効なことがあります。

患者さんにとっては病気が見つかることと同じように、病気がなくても不快な自覚症状がなくなることが大切です。

まずはよくお話を聞いてくれる主治医の先生を選ぶことが大切と思います。

2017年03月24日

生活習慣病と心臓病

当院は心臓病と糖尿病、高血圧、脂質異常症などの生活習慣病が専門のクリニックです。

一見、心臓の病気と生活習慣病は関係ないように感じられるかもしれませんが、実はとても深い関係があります。

心臓の病気の中でも最も怖いのは心筋梗塞です。なぜならば、今まで健康そうに見えた人が突然発症し、運が悪いと20%に突然死をきたすからです。男性の場合、多くは働き盛りの50歳代や定年を迎えてこれから老後を楽しもうと思っていた矢先の60歳代に起こります。女性は男性よりも少し発病年齢が高く70歳前後から増えてきます。

心筋梗塞になる患者さんは、高血圧、脂質異常症、糖尿病などの生活習慣病を持っていることがほとんどです。なぜならばこれらの生活習慣病が動脈硬化を引き起こし、心筋梗塞や脳梗塞などの原因となるからです。

生活習慣病があっても自覚症状のないことがほとんどです。しかしながら、放置しておくといつ爆発するわからない爆弾を抱えている様なわけです。

生活習慣病と心臓病は一連の病気であり一緒に診療することが大切と考えます。

2017年03月16日

24時間心電図検査

不整脈を調べる検査に24時間心電図検査があります。1961年(奇しくも私の生まれた年ですが)にホルターという人が発明しており、その人の名前をとって一般的にはホルター心電図と呼ばれています。

動悸やめまい、ふらつきなどの不整脈が疑われる患者さんであっても通常の心電図では異常がないことが多く、24時間心電図が大きな威力を発揮します。

心臓は1日10万回も収縮を繰り返すのですが、24時間心電図はそのすべての心電図波形を記録できるため、わずかな不整脈であっても診断が可能です。

当院では24時間心電図を院内の解析機器で解析しているため循環器専門医の私がすべての心電図波形を確認して、より正確な診断を行っています。

2017年03月14日

不整脈による突然死

時々不整脈が原因の突然死の話を聞くことがあります。

突然死を起こすような不整脈を専門用語で「致死性不整脈」と呼びますが、多くは心臓の筋肉がけいれんを起こす心室細動です。

致死性不整脈は心筋梗塞、心筋症、心筋炎などの心臓の病気が原因で起こることが多いのですが、若くて健康な人にも致死性不整脈が起こり、突然死を起こすことがあります。

健康な人に起こる致死性不整脈は、男性ではブルガダ症候群(昔は健康な人が突然命を落とすのでぽっくり病と呼ばれていました)、女性ではQT延長症候群が多いようです。

このような不整脈は遺伝性のこともあり、専門医が見れば心電図で早期診断ができることもあります。

2017年02月13日

動悸(どうき)があったら

動悸とは胸がドキドキすることです。
また、一瞬胸がギクッとする様な動悸もあります。

心臓は生まれてから死ぬまで動いていますよね。でも普段は心臓が動いていることを意識することはありません。

でも、緊張したり、走った後などは誰でも心臓の鼓動を感じますよね。これが動悸です。
これは交感神経が緊張して脈が速くなることが原因です。

もし緊張や運動もしてなくて、安静にじっとしているときに動悸を感じるようであれば、それは不整脈かもしれません。

動悸を感じたら、すぐに自分の手首の脈をみてください。もし脈がとても早かったり、遅かったり、また脈が乱れていれば、それは不整脈の可能性があります。

仮に不整脈であってもすべて治療が必要なわけではありませんが、
心房細動と呼ばれる不整脈の場合には、心臓の中に血の塊(血栓)ができ、それが頭の動脈を詰めて半身不随になる様な大きな脳梗塞を起こすことがあるので治療しないと危険です。

2017年02月09日

花粉症とアレルギー検査

2月になりました。そろそろスギ花粉症の時期になります。

アレルギーがあるかどうかは、RASTと呼ばれる血液検査で分かります。

RASTを行えば、スギだけでなく、ダニ、ハウスダストの他、食物に対するアレルギーがあるかどうかも分かります。アレルギーが気になる人は相談してみてください。

なお、花粉症は予防的治療が重要です。症状が出る前に薬を飲むようにしましょう

(いったん症状が出ると、軽い薬では効果が不十分となり、強い薬が必要になります)

2017年02月03日

インフルエンザ大流行中です

image13

インフルエンザ流行っていますね。

インフルエンザでは治療薬が違ってくるのと、学校や職場でほかの人に移す可能性があるので、検査を行ってインフルエンザかどうかをはっきりさせる必要があります。

当院ではテレビでCMを行っているフジフィルム社製の高感度の診断機器を置いています。

発熱や症状が出て間もない患者さんは従来の迅速検査では陽性にならないことがあるので、高感度検査の方が良いと思います。

高感度検査でも15分で結果が出て、検査の金額も迅速検査と同じです。

インフルエンザは早期診断、早期治療で早く治しましょう。

2017年02月02日

場所がわかりにくくて申し訳ありません

大勢の患者さんからクリニックの場所がわかりにくいとのご意見をいただいております。

案内の標識をできるだけ早く設置するように努めています。

それまではホームページのアクセスのページをご覧になって来られてください。

わかりやすく丁寧な診療を心がけていますので、よろしくお願いいたします。

2017年01月31日

循環器専門医としての今の気持ち

これまでは大病院で心臓カテーテル検査やカテーテル治療を行ってきました。

狭心症や心筋梗塞は生活習慣病の結果として起こる病気です。

これからは狭心症や心筋梗塞の発生を少しでも減らせることができるように生活習慣病の管理を十分行っていきたいと思います。

2017年01月27日

内覧会ご参加ありがとうございました

開院の際には、多くのお花をお贈りいただきありがとうございました。

クリニック内がまるで花屋さんみたいになっています。

また、内覧会にも多くの方においでいただき誠にありがとうございます。

今後ともよろしくお願いいたします。

2017年01月25日